« 2009年1月25日 - 2009年1月31日 | トップページ | 2009年7月12日 - 2009年7月18日 »

2009年3月8日 - 2009年3月14日

2009/03/14

因縁

因と縁との和合によって世界は出来た!

 この世にある物質すべて、山も木も石ころも、人間も、何もかもが、仏様が見い出されたところの「因と縁との和合」によって産み出されるのであります。それ以外のものは何もありえません。

 いくら私は仏を信じないと言っている方でも、やはり因と縁との和合によって出てきたのですから、この法則を理解する事が大切です。

 私たちが人間として出てくる前、お母さんの子宮に入るずっと前は、純粋世界に住んでいました。まったくの純粋でした。

 それが因と縁との和合により、人間としてこの世に生まれ出る宿命を持ち、生まれ出る時に、いくつかの要素が集結して、個体となってこの実体を持つ世界へ出現することになりましたが、この実体を持つ世界にも法則がありまして、この実体社会には完全なものはなくて、必ず何か欠点を持っているのであります。(中略)そして色々な要素の中で、肝心な働きをする二つの意識体があります。

 ひとつは人間の根源にあたるー「悟り」が潜むところのー「純粋意識」、もうひとつは、あらゆる欲望から成り立つところの「我意識」です。

 この二つの意識が、私たち人間の生き方を作って行くのです。

我意識にとらわれていると成仏できない

 「純粋意識」は先ほど述べましたように、その人の精神の向上によって、少しずつしか(残念なことですが)表われてまいりません。

 この世では主に、この厄介な「我意識」が働きます。この我意識は千差万別で、我々の姿形が違うのもこのためです。あらゆる欲望に満ちあふれ、いくらたっても満足する事ができません。

 楽しく感じたり、また人を憎んだり、うらやむことも、この世に物質が作られて出てくることも、また色々な争い事の絶え間が無いのも、皆この我意識の考え方から産み出されてまいります。

 人間がこの世に生存するかぎり延々とつづく欲望の世界、なんとも怖い世界です。恐いのはあの世の霊よりも、むしろ生きた人間にあるのです。(恩師・神沢龍動著「そっと教える悟りの本」より抜粋)

Dsc00002_2 

 

          

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年1月25日 - 2009年1月31日 | トップページ | 2009年7月12日 - 2009年7月18日 »