« 呆け封じの気功 | トップページ | 陽気の気 »

2008/01/14

気になる気!?

 「この~木何の木気になる木」じゃなく気ですが、あなたは「気」とは何だと思われますか?空気の気、水気の気、電気の気、蒸気の気、寒気、眠気、エトセトラ・・・そうなんです!有ることは解かるけど手で掴めない。それが「気」なんです。

 気功の「気」もそれと同じく手で掴むことは出来ないけど、感じる事は出来るものなんです。心を純粋にして素直に受け入れる。この世の出来事は仏様よりの試練を受けさて頂いているのだと言うぐらいの気持ちで、全て仏様(お不動様)にお任せ致します。この気持ちが大事です。そうすれば「純粋意識」(=我欲を捨て、自意識を否定することから始まります。)に目覚め、高度な「気」を感じる取る事が出来るようになるでしょう。その為にはある程度の修行が必要になります。それには「真言密教」の寺院が良いでしょう。一番良いのは「純粋意識」で寺院のご本尊様前で「瞑想」する事をお薦めします。

 もし我流で「気」の練習などすればとんでもない事が起こりかねません。現に私は何例か悪霊が憑依したのを見てきましたし、気が抜けてしまった人も体験しています。くれぐれも遊び半分でやらない事を御願い致します。

 「恩師の言葉」                                           懺悔によって自分を変えられる!

人間は想念によって良くもなるし、悪くもなるのである。自分に都合のいいように考える。自分を認めてもらいたいなどの想念は、「我意識」から出てくるもので、この「我意識」には物が存在します。懺悔と反省の心には物が存在しません。自意識が消える。これが「純粋意識」なのです。

          

|

« 呆け封じの気功 | トップページ | 陽気の気 »

コメント

久し振りにコメントさせて頂きます。
前に教えて頂いて、気の存在がなんとなく分かる様な気がしますが、その気をどう使うのが一番善しとするのでしょうか?自分の気をコントロールするのが目的でしょうか?それともテレビでよく観るようにその気を使って人の何かを治す事が目的なのでしょうか?

投稿: アクエリアス | 2008/01/16 15:58

アクアさんへ
 ご訪問有り難うございます
アクアさん、気が分かるようになられたのですか。凄いですね。これからも精進されて下さい。
 結論から言いますと、内気功は概ね自分の為、外気功は人の為ですね。
 外気功で他人の癌などは発見できますし、痛みなどを取ることも出来ます。
 ちなみに私の場合、頚椎骨折で首を痛めてからは両肩の痛みが酷く、着替え等で激痛が走り涙が出そうな位ですけど、その都度ツボ療法で凌いでおります。

投稿: mitsuru21(花形 満) | 2008/01/20 00:13

八極拳などの中国武術などでも、修行の中で「気」と関わる段階があるようですね。東洋武術は、特に仏教や道教などをはじめとする東洋哲学との関係で修行の中に「気」が関わってくるものもありますね。ただ、見世物ではないわけですから、特に欲望渦巻く「現世」における扱いは慎重にしておくにこしたことはないですね。

投稿: TAC | 2009/05/19 17:11

TACさま
 中国武術でよく言われる硬気功などは純粋気功と違い、邪気によるところの気功です。我意識が強くなると邪気になり、純粋意識で始めて仏様の気に成る訳です。
 あくまで、人の為にだけ使うのが鉄則です。
 TVなんかでやってるのはみんないい加減な邪気のなせる業です。
 

投稿: 花形 みつる | 2009/05/19 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92378/17696299

この記事へのトラックバック一覧です: 気になる気!?:

« 呆け封じの気功 | トップページ | 陽気の気 »