« 2007年3月11日 - 2007年3月17日 | トップページ | 2007年4月29日 - 2007年5月5日 »

2007年3月18日 - 2007年3月24日

2007/03/20

カメハメハー!

当サイトは、みんなでつなごう相互リンクの輪に参加しています!

気功実践その2ご興味のある方はどうぞ!

          

 ある夜遅く(午前12~1時頃)一人でお寺に居るとまだ若い信者さんが尋ねてきました。彼女とドライブの帰りだということで立ち寄ったらしいのです。彼が私に「○○さんお願いがあるんですが良いですか?」と言うのです。私が「どうしたんですか?」と聞くと、「実は気功の練習をしていて、そうしたら彼女気が抜けてしまったみたいなんです。」なるほど、見ると完全に放心状態でした。「お不動様の気を送って貰えませんか?」と言うので、「送っても良いけど、先生(ご住職)に許可を貰わんとされんのだけど・・・」そう言うと、「ご住職に内緒でお願いします。」「お願いします!」と懇願され、仕方なしに人助けだから良いかと自分で納得し、彼女にお不動様の気を送ることにしました。

          

 まずお不動様にお願いをし、それから彼女に横になって貰い、目を閉じてリラックスするように言ってから気を送りました。自分の気じゃなくお不動様の気を中継して送るわけだから、それはパワーが違います。彼女の頭の方から送ってゆき、徐々に下のほうに送ってゆきます。自分でもびっくりする位のパワーでした。気が当たる所が全て反応し、皮膚や関節がピクピク動くのです。気を送っている本人が信じられないくらいの不思議な光景でした。(後から思うに、まるで漫画の「ドラゴンボール」の孫悟空が使うカメハメ波みたいでしたかな・・・)

楽しい裏技・裏情報!有料情報集1020件パック、好評発売中!
楽しい裏技・裏情報!
http://homepage1.nifty.com/urawaza/

 それからちょっと休んだあと、彼らは何事も無く帰って行きました。そして、私が後で先生に叱られたことは言うまでもありません。何故むやみに気功を使ったらいけないのか?それは初心者の内は気をコントロール出来ないからです。例えば気を送る場合、送るときに自分の気だけを送ってしまうわけです。どういう事かと言いますと、外気功の場合はあくまで自分は気の中継者でなければいけません。それをコントロール出来ない人がやると、自分の気が出て行くばかりで止めれないものだからまるで気が抜けてしまい、放心状態となり危険な状況になってしまうのである。決して遊びや興味半分でやらないで下さい。取り返しのつかない事になる場合がありますので・・・(今回はここまで)念のため、こちらも参照して見て下さい。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』にて「気」で検索)一応参考までに・・・。

■■■催眠術の掛け方教えます!■■■
テレビでお馴染みの川上たけし先生による気功催眠セミナーを開催中!

      

Banner_02_3

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年3月11日 - 2007年3月17日 | トップページ | 2007年4月29日 - 2007年5月5日 »