福知山城から黒井城そして篠山城へ

明智光秀は、織田信長の命をうけ丹波国征討戦を開始、これに敵対したのは赤井直正・波多野秀治連合軍で、塩見信房は赤井・波多野連合軍に加担していた。当初は赤井・波多野連合軍は「赤井の呼び込み軍法」と呼ばれる戦術で明智光秀軍を撃退したが、赤井直正が天正6年(1578年)3月9日に病死、波多野秀治の居城八上城が翌天正7年(1579年)6月1日に落城、赤井直正の居城であった黒井城も同年8月9日に落城した。(ウイキペディアより抜粋)これにより丹波を平定することに成功。
そんな明智光秀ゆかりの地、福知山城に登城して来ました。

Photo_20190727133402 もちろん復元天守です。

Photo_20190727133401

Photo_20190727133502 天守からの眺望

Photo_20190727133501

10 この城は一時期わたしのご先祖様が居られたことがあるので一度は来てみたかった所です。友人のご厚意により来ることが出来ました。感謝!誠に恐悦至極であります。

次は明智光秀によって落城させられた黒井城へ向かいます。その前に大奥で有名な春日局(幼名お福)が生誕の屋敷へ・・・内藤内蔵助の娘

Photo_20190727140001 黒井城の麓にあり、今は興禅寺と言うお寺に為ってます。

Photo_20190727142401 この山門は近世になってよその寺院よりの移築らしいです。

Photo_20190727134601 寺の中には明智光秀の家紋である桔梗の花が咲き、

Photo_20190727141701 堀の縁には綺麗なピンクの木槿が咲いてました。

これより山頂の城跡へ登山です。

Photo_20190727134602 途中の赤門の近くでコミスジ蝶が・・・

Photo_20190727134508 赤門の天井には黄色スズメバチが巣を懸命に造ってました。まだ直径が20センチくらいでしたね。

Photo_20190727134507

Photo_20190727134506 本丸跡(標高356m、猪ノ口山の三方尾根伝いに曲輪群を配置し全山を要塞化 。) 夏の暑い中険しい上り坂の方を選んで悪戦苦闘。汗びっしょりで休みやすみやっとの事で登頂しました。(笑)

Photo_20190727134501 本丸よりの眺望です。

Photo_20190727134504

Photo_20190727134502

これより丹波篠山城へ向かいます。

Photo_20190727134503 篠山城壁(縄張り担当は築城の名手と謳われた藤堂高虎である。)

Photo_20190727134505

Photo_20190727143301  最初の城主は徳川家康公の息子・ 松平康重である。 (松井松平)

今回も意義ある良い旅でした。

https://www.youtube.com/channel/UCSs_sr_rtDm-0ow7JGC8g2gこのリンクがわたしのチャンネルです。是非ご覧ください(*´▽`*)

ポチッとよろしく!

| | コメント (10)

2019/07/03

煙水晶(スモーキークオーツ)

尾平鉱山跡に水晶求め

まだ若い頃体力にも自信があり、休みの日には兄弟と飽きもせずによく通った尾平鉱山跡地。鉱山としてはかなり昔に閉山してるのだが、当時はそこに町が出来上がっていたらしい。学校や映画館、病院もあったらしいのだが現在その状況を想像するには難しい。

その鉱山のすぐ近くに水晶洞という坑口があり(坑口はコンクリートで塞がれ中には入れない。)、その近辺で探すと結構良い形のものが出てきた。生来の性格なのか良い物は気前よくすぐに人にあげたりしていた。でもこれだけはと言う水晶は残しておいたのだが、煙水晶の良形とマリモ水晶の良形(尾平鉱山はマリモ水晶が多かったですね。)がわたしの度重なる引っ越しの影響で行方不明。いくら探しても見つからない。トホホ・・・

残り物で申し訳無いけどご覧ください。

Photo_20190703172502 煙水晶。モリオンのちょっと手前くらいでしょうかね。

Photo_20190703172501

Photo_20190703172503

Photo_20190703172601

Photo_20190703172603

Photo_20190703172602 ひび割れがあったりと金銭的価値は無いけれど思い出の水晶達です。                                        https://www.youtube.com/channel/UCSs_sr_rtDm-0ow7JGC8g2gこのリンクがわたしのチャンネルです。是非ご覧ください(*´▽`*)

ポチッとよろしく!

| | コメント (9)

2019/06/03

梅雨の前に夏本番?

最近の気候は異常としか言い様が無いですね。今日もすっかり真夏の天気でしたが、汗をかきかきいつもの散歩コース歩いて来ました。

生き物たちは暑さにも負けず元気です。(画像クリックすると大きな絵でご覧に為れます。)

Photo_40 カルガモの親子ですが何故か雛が一羽だけとは・・・天敵が多いですからね。

Photo_46 ちゃんと成長してね。

Photo_39 アジサイもだいぶ咲き出しました。

Photo_43 ベニシジミも一休み。

Photo_42 ノハラナデシコも咲き出しました。

Photo_41 タンポポの綿毛は幾何学模様。

Photo_44 カワセミも一休みです。

Photo_45 コサギは食事中でした。皆さんもしっかり水分補給し、熱中症に為らない様お気を付けくださいね。

https://www.youtube.com/channel/UCSs_sr_rtDm-0ow7JGC8g2gこのリンクがわたしのチャンネルです。是非ご覧ください(*´▽`*)

ポチッとよろしく!

| | コメント (10)

2019/05/10

伊賀上野城~大和郡山城

今回は忍者の里・三重県は伊賀上野城へ行って来ました。と言っても友人の車で連れて行って貰いました。

Photo_32 R163走り途中に泉大橋と言うリベット締めだけで造られた芸術的な橋を通ります。1951年に架けられた長さ383.6メートルのカンチレバー(ゲルバー)式トラス橋である。(ウィキペディアより抜粋。)

Photo_26 高石垣は30mで日本一とのことですが大阪城の高石垣と比べどちらが高い?わたしは大阪城の方が高いのではと思うのですが・・・

Photo_30 上から覗くとこんな感じです。

Photo_31

Photo_29

Photo_27 築城の名手と言われた藤堂高虎によって未完成ですが構築されました。(豊臣滅亡により完成の必要が無くなった為。)現在の模擬天守閣は 元衆議院議員だった川崎克氏が私財を投じて造られたとのことです。

Photo_28

この後は奈良県の大和郡山城へ行きました。

Photo_33

Photo_34

Photo_38

Photo_37 空堀状態です。

Photo_35 天守台は大掛かりな修理が行われたらしいのですが、金属の手摺の柵とコンクリートが一面に打たれた地面部分にはガッカリ。

Photo_36 追っ手門   この郡山城は柳澤吉里から代々柳澤家が受け継ぎ明治を迎えたたとの事ですが、戊辰戦争では幕府を裏切り、下級武士による反乱軍の新政府軍に加担して華族に為った。藩主として恥ずかしいですね。

https://www.youtube.com/channel/UCSs_sr_rtDm-0ow7JGC8g2gこのリンクがわたしのチャンネルです。是非ご覧ください(#^.^#)

ポチッとよろしく!

| | コメント (10)

2019/04/17

春の竹田城へ

天空の城 竹田城 永享3年(1431年)に但馬守護山名宗全(持豊)によって築城され、太田垣光景が初代城主と言われる。(伝承)      戦国時代を経て徳川家康の命令で廃城と為り現代に至る。

朝7時に寝屋川市を車で出発。途中PAでコーヒー☕ 勿論わたしは運転はしないで乗ってるだけの役立たず😃
駐車場からは徒歩で林道楽しみながら・・・いつもの事ですが写真をクリックすると画像が拡大され大きな絵でご覧いただけます。

Photo タラの  芽が初々しかったです。

Photo_1 コンデジなものでちょっとピントが合わず(^^; 花の名前は分かりませんが藪の中に紅一点でした。          追記:後日hiris3108さんからショウジョウバカマだって教えて頂きました。ご教示有り難う御座いました<(_ _)>

Photo_2 丁度桜も満開でした。

Photo_3 階段や欄干は現代ものです。

Photo_4 南側方向

Photo_5 本丸と天守台

Photo_6 ここで一旦下城します。

Photo_7 橋の連続アーチがヨーロッパ風でした。

Photo_8 向かいの立雲峡に移動して撮影。

Photo_9

Photo_10 昔の人々の凄さが感じられます。

Img_0472 見事なものです。 

帰りに生野銀山に立ち寄りました。 

Photo_11 入口近くにあったトロッコ。

Photo_12 レールとフランジのある車輪に 萌えます(^^;

Photo_13 トンネルが坑道(近代)の入り口です。

Photo_14 江戸時代の坑道の入り口です。

Photo_16 ここでは江戸時代に露天掘りが行われていたそうです。

Photo_15

Photo_17

Photo_18 狸掘り 人形と言うかフイギュアにドキッ( ;∀;)リアル過ぎ~

Photo_19

Photo_20 

Photo_21

Photo_22 坑内の一角でお不動様祀っていました。

Photo_23 出口へとレールが続いてますが実際にトロッコが走ってたら最高ですね。

Photo_24 左側の崖に咲くのはツツジです。

Photo_25 ヒカゲツツジ(天然記念物)と言うそうです。

今回も良い旅が出来ました。友や出会った皆様に感謝🙏

https://www.youtube.com/channel/UCSs_sr_rtDm-0ow7JGC8g2gこのリンクがわたしのチャンネルです。是非ご覧ください(#^.^#)

ポチッとよろしく!

| | コメント (10)

2019/03/03

北陸と北アルプス

兼六園から穂高岳

金沢と言えば兼六園ですね。知識だけは有ったのですがこちらに来るのは初めてで、やはり実際の体験が伴わないと意味無いですね。

Img_0152昔の人が造った高低差だけでの噴水。

Img_0153定番の風景ですね。

Img_0154

いきなり白川郷です。

Img_0177今年は暖冬であまり雪が積もらなかったと添乗員さんが言われてました。

Img_0180_2こちらも定番の風景です

西穂高口駅(ロープウェイ)の展望台(標高2,156m)

Img_0184焼岳(2455m)

Img_0185錫杖岳(2168m)

Img_0186奥穂高岳(3190m)

Img_0189奥の黒っぽい山が槍ヶ岳。(3180m)

Img_0188登るの怖そうですね。

Img_0190何と言う山でしょう?

Img_0192左側が錫杖岳です。右側は笠ヶ岳でしょうか?

Img_0197遠くに白山(2702m)が雲海に浮かんでいます。

Img_0196ちょっと幻想的でしたね。兎に角この北アルプスの雄大な風景には感激しまくりで、畏敬の念さえ覚えました。

Img_0198白樺の木も初めて触り実感

https://www.youtube.com/channel/UCSs_sr_rtDm-0ow7JGC8g2gこのリンクがわたしのチャンネルです。是非ご覧ください(#^.^#)

ポチッとよろしく!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2019/01/28

東近江へ

積雪の東近江に

今回は友人の車で一路東近江大凧会館へ、京都過ぎるころには雪景色に変り高速降りると完全に雪国でした。

001途中のパーキングエリアで・・・

003東近江大凧会館にて

005

009

034これも凧です。

039外国の色んな凧も・・・

048

050中国の凧ですね。

060太郎坊宮(阿賀神社):勝運の神様です。

068太郎坊宮の境内から。

069

070

071境内から見る雪景色に感動の連続でした。

080こちらは近江八幡のロープウェイ頂上駅ですが、積雪の為休止中だったので歩いて登って来ました。(八幡城跡)

081遠くに安土城跡が見えます。

091琵琶湖です。

100八幡掘

103

107この時間に為るとすっかり雪も消えていました。

https://www.youtube.com/channel/UCSs_sr_rtDm-0ow7JGC8g2gこのリンクがわたしのチャンネルです。是非ご覧ください(#^.^#)

ポチッとよろしく!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2019/01/25

今年も宜しくお願い致します~

足の指先爪切りでぶちっ

正月早々失敗ばかり馬鹿犬に噛みつかれかけたり、爪は切らずに肉切ったりと散々でした。そこで嫌直しに京都の南禅寺など廻ってきました。銀閣寺も良い雰囲気でしたね。

004南禅寺三門

015三門の上から

014京都市内方向

022途中のお寺に紅梅が

025銀閣寺

048庭園も素晴らしかったです。

005

https://www.youtube.com/channel/UCSs_sr_rtDm-0ow7JGC8g2gこのリンクがわたしのチャンネルです。是非ご覧ください(#^.^#)

ポチッとよろしく!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

«この一年有り難うございました